2013年02月28日

ELEMENTCASE SECTOR5

憧れのELMENTCASE製のiPhoneケースを手に入れました。SECTOR5です。

いろいろ見て考えていたんだけど、結局これが一番かっちょええ。というか、好みだった。
Standard Editionで、"COD4 Black ops Edition"と悩んだのだけど、5千円も高い。(違いは、ヒンジ部のパーツとスクリューの色、それと専用キャリングケース並びにバックパネルが付く)

First Edtionのメタリックグレーもちょい魅力で予約もよぎったたのだけど、色味がツートンになるよりもバシッと黒一色が良いと思ってこれに。


sector5.jpg


iPhone5では撮影できんので、iPod touch化しているiPhone4で撮影。ちょっと暗いね。
なんか汚い台の上ですが、これ実は懐かしきインベーダーの筐体。これを改造してパソコン机にしてます。

アルミ製で、うまく肉抜きされたデザインのバンパータイプなのでとても軽く、ギルドデザインのソリッドの時のような、装着時の"なんとなくのズッシリ感"とかはない。ほぼノーマルの重量。

背面はこんな感じ。

sector5_2.jpg


よくわかんないね。

よくわかるサイト → ELEMENTCASE SECTOR5 -CASEPLAY-

Caseplay横浜店で購入。店員さんが親切で感じが良かった!! 手持ちのiPhoneで何度もつけたりはずしたりと試させていただけるのがありがたい。今後もまたあそこで買いたいな!!


付属品で液晶保護シールと、背面保護用の専用シートが付く。このシート、スェード調でなかなか手触りがよく、しっくりきます。また、これ貼ってるとポケットの中とかでパッとつかんだとき、裏表がわかりやすいのもいいw
このシートは貼ったり剥がしたりできます。(粘着式ですが、剥がしたあとに貼っておく保管用パネルまで付属している)
一度貼って手触りを楽しんでいたのだけど、やはりアップルロゴマーク見えないのはさみしいのでまた剥がして使ってるw

スクリューは8個もありますけど、脱着に関しては付属の専用ドライバで好きなとこをひとつだけはずせばよく、スクリュー部はすべてヒンジになっていて、ひとつをはずせば簡単に展開してはずせます。この脱着のしやすさは、この手のものでは珍しいと思う。それでいて装着時はしっかりとはまります。iPhoneと接触する部分には、薄いウレタン製と思われるクッションが装備されてるのもいいね。(ちなみにスクリューは予備が2つ余計に付属しています)

ギルドデザインとかは、一度付けたらはずすのとかやだもんねえw

さておき、使い心地はどうかというと、なかなかかな。
特に上の写真にある通り、スリープボタンがパーツとして組み込まれているのが◯。これまでポリマー製のケースを使っていたのだけど、それだとスリープボタンを完全に覆ってて、押すのにちょい力が必要だったのがなにげにストレスだった。ということで、これは助かります。

問題は側面のマナーボタンとボリュームボタン。かなり奥にいってしまうので、特にマナーボタンは片手では無理です。
ボリュームボタンは一見無理そうにみえますが、その気になって押してみるとちゃんと指が届く。片手で可能ですが、やや指にバンバーのエッジが食い込むかな!!

つーか、このSECTOR5,かなりエッジが立ったつくりです、手に食い込むというか、指切るんじゃないかってくらいw
まあ、それが気に入ってこれにしたんですけどね。けどこれ、人によってはかなり抵抗感じるかも知れません。

iPhoneの下側の横幅が広くなるので、片手での操作が楽になった。特に文字打ちの時など、親指の自由度がちがう。これが一番の恩恵かもwww

包装の箱はけっこう凝ったつくりで、Apple製品みたい。専用のナイロンケースが付属します。とってつけたようなヤワヤワのではなく、なかなかハードで使えるケースです。あと、好みで貼れるiPhoneのバンパー保護シール(黒/銀2種類)も付属しますが、まあ使わないかな。

電波とかですが、まったく影響は感じられません。さすがバンパータイプ。


とまあ、ちょっとした散財ネタでした。
posted by ORICHALCON at 21:41| Comment(85) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2013年02月11日

Michaele iPhone Scofield

m_i_s.jpg
だいぶ前になりますが、「プリズン・ブレイク」の残りを消化しました。
もう最後の方はぐだぐだだったんだなあ.....

シーズン3からすでに破綻しているのだけど、特に記憶力のいい人にとっては不可解な展開がつづいて困惑するんじゃないかなあ。
僕はそんなに記憶がいい方ではないのだけど、それでもちょっと、「あれ?」ってなる。

なんとなく不愉快なのは、それは作り手側のミスとかではなく、単なる都合だということがわかってしまうから.....


さておき、とうとうiPhoneが脱獄してしまいました。Prison Break ならぬ、Jail Break です。

困ったものです。

念入りなマイケルよろしく、お古のiPhone4でテストを重ねてからの脱獄で、今のところ問題はありません。
こういうことは凝る性分で、定番から発掘モノまで、かなりのTweakを入れまくってしまいましたが、それでもまだ大丈夫そうです。

最初にやったのが、(上の画像でもわかりますが)ステータスバーんところの「SoftBank」というキャリア名を、自分の名前にしてみましたwwww


えっ、脱獄とはなにかって?

そういうことはここでは説明しません。まだ新参者だからね!

それに、自分でやっといてなんだけども、他人には絶対オススメしません。
iPhoneは脱獄しなくても充分。脱獄は、結局のところ究極的な「iPhone遊び」であって、ギークで大いなる自己満足的趣味なわけなんです。


ただ、やって良かったとは思ってる。もう入獄の頃へは戻れません。

ともかく、今後の無事を祈るばかりでありますが、完全な安心なんてものは得られないのが脱獄犯のさ・だ・め。

メキシコへの国境は永遠に遠いのであります。


posted by ORICHALCON at 12:56| Comment(4) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2012年10月27日

Plants vs. Zombies がセール中!

Plants vs. Zombies

Plants vs. Zombies

250円→85円

あの傑作ゲームがセール中!!

iPhoneゲームはいろいろあるけれど、大抵はインストールしてやりこんでは消す、という感じだよね普通。
だけどこれだけは絶対消さないという、惚れ込んだゲーム。

名作、Angry Birdsに匹敵するほど世界的人気の作品で、キャラクターグッズまで展開されています。

題名は直訳すると「植物 対 ゾンビ」。
いわゆる「タワーディフェンスもの」で、自分のおうちを襲いに来るゾンビたちを、庭に防衛植物を植えて防ぐというもの。

豆鉄砲を撃つピーファイターや、地雷ジャガイモ、ディフェンスのクルミくん、一撃必殺カボチャ、一列一掃攻撃のトウガラシ.....などなどをうまく植えてゾンビをやっつけていく!!
このキャラたちがなかなかかわいくて、動きも面白いw

個人的にはにこやかなヒマワリがかわいくてお気に入り。これはまったく攻撃も防御もできない。なにをするかっていうと、日光を集めるだけなのだ。
この日光を集めることによって、防戦型植物を植えることができるようになる。強い植物ほど多くの日光ポイントを必要とするので、どれだけヒマワリを植えるかも鍵となってくる。

対するゾンビも個性豊かで、ユーモアたっぷり。いろんな特性のがいるから、それにあわせた戦略が必要になってくる。

ミニゲームなどもこれでもかというくらい収容されているので、お腹いっぱい、かなり長期にわたって遊べます。
難易度もそんなに高くなく、いい感じではまれます。キッズと一緒にやるのもいいかもね!

一番はまったiPhoneゲームでございます!
posted by ORICHALCON at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2012年10月24日

iPad miniの魔力

ipad_mini.jpg


はい出ましたiPad mini。


iPad miniなどに関する記事


個人的には買うなら絶対 mini! スカートもできればminiで!  という感じだったわけですが、これまでのiPadは素晴らしいけども僕の生活スタイルの中に需要がない。

こんなに大きくなくてもいい、そしてもっと軽い方がいい、だからまあ、iPhoneでいいかなとかなっちゃってた。

けど、iPad miniならOKかな! これなら持ち歩いてもいい感じ。
外出先でネットしたり、映画観たりというのをこれでやれば、iPhoneのバッテリーも節約になるし....

僕は結構、iPhoneで映画を観る。画面の大きさってのには意外とこだわりがなくて、iPodでもいくらでも鑑賞できる。
だからiPad miniほどのディスプレイならば、僕にしてみれば贅沢なほど。


だけど、今回は見送りだね!!w

Retinaディスプレイじゃなく、さらにA5チップという時点で「じゃあこの次ね」という感じ.....

こういうのは2〜3世代待った方がいいんだよな、実際の話....

値段も意外とお安くないのも難点。たぶん2世代目が狙い目かね。


これは早々にGoogleのNexus 7など、代表的な競合製品との性能の比較や検証が行われてるようですが、そういう見方をすると、ちょっと物足りない製品に見えてしまいます。そういうことをやるのはやはりギークなサイトでして、数値などのスペックでとやかく言いたくなるものです。

でもそういうので測れないのがApple製品。
これは売れると思いますよ。

ギークでない一般の人たち、「そういうのはよくわからないけどなんか欲しい」という人たちがこれでもかと買うだろね!

まずiPhoneが売れてるわけだけど、こういうガジェット好きにとっては、設計としてツボにはまるのはなにげにAndroidの方だ。
iPhoneのターゲットは、そういう人でない層へのアプローチというとこがミソで、じっちゃんばっちゃんまで入ってる。

iPhone5でまたiPhoneユーザの数に拍車がかかったわけだけども、この中には「タブレットに興味が無いわけではないけど、まださして必要性も感じない、ピンとこない」という人がわんさかいるわけだ。(僕もその一人だな)
そこで、「これなら買ってみてもいいかな」という製品が出ちゃったわけで、つまり「タブレットデビュー」のキラー・プロダクトの性格を持っている、というのがこのiPad miniの隠れた武器だ。

なにより、ここまで話題になってしまうタブレットシリーズは他にまだない。Appleの強みは、タダでマスメディアがこれでもかと宣伝してくれることだw
Kindleだろうとなんだろうと、一般の人はなんにも知らない、名前さえも知らない人のほうが多いのが現状。
Android端末を使用していても、その自分の使用しているOSがAndroidという名前だということすら知らないでいる人さえいる。

初代iPhoneから3GSまでは、まだコアな人たちがユーザだった。しかし、iPhone4からiPhone4S、そしてiPhone5は、「スマートフォンデビュー」のユーザを無数に作り出した。

iPhoneでデビューした人たちの多くは、何GBの何コアの、なにがなんだとかいう数値スペックとかはあまり気にしない。
そんな人たちが、オサレなAppleストアとかで、フレンドリーなスタッフ相手にiPad miniをいじくってみたならば、彼らの頭の中で動き出す考えというのがある。
それは、「これは自分に必要か?」というものではなく、「どうしたら必要になるか?」というものだ。

つまり、極端な話、「無理やり必要な場面をイマジネーションしてしまう」のである。
そして、そういう持って行き方がAppleはうまい。
逆に、他のメーカーはそういうところが下手だ。その多くは「興味ある人にしかわからない」宣伝をする。

ほとんどのメーカーは、「タブレットを使うユーザとはどういう人たちか」というのをちゃんと調査する。そしてそういう人たちにアピールできる製品と宣伝を考える。
けどAppleは「できるだけ多くの人にタブレットを必要だと勘違いさせる」というやり方をしている。
それは、Appleの製品紹介ビデオを見るとわかりやすいだろう。(最近は、他のメーカーもこれに影響されてきているが)

ヨドバシとかで他のタブレットをいじっても、電子書籍が見られるとか、そういう話になってしまう。

Appleストアだと、「新しいライフスタイル」の提案になる。ここが違う。

iPhoneでスマホデビューして、iPad miniが出たと聞いて(いやでもマスコミが宣伝してくれている)、Appleストアをのぞいてみたとする。
使わない人からしたら大げさに見える標準iPadでも、miniくらいだとあらためて「どれどれ」と思う人もいるだろう。
いじったり、スタッフと話しているうちに、暮れに田舎に帰るから、そんときに持っていくのにいいかも知れないなどと思い始める。
両親に孫の写真を見せるのにこれ以上のものはないとまで思うかも知れない。尾ひれをつけるならば、クリスマスプレゼントとして両親にもひとつ買っていくか。いつでもメールで写真を送れるし、FaceTimeもできるし!

そして、「両親がタブレットデビューした」とTweetする自分も想像してみる。

たとえるならこんなかんじだ。こういう人たちにとっては、数値的スペックは関係ない。
大事なのは「値段」と「自分がチョイスしている」という点だけだ。

買ったあと、ギークな同僚に「Nexus 7なら最低でも7千円安いぞ」などと言われても、こういう人たちほどあんまり「しまった」とは思わないのも特徴だ。
「うん、でも携帯もiPhoneだし」で結構なんとかなってしまう。そんなことより、早く両親に写真を披露したい、そのために写真を撮ったり、どうやっておニューのiPadに取り込んだらいいかとか、そういう楽しみに没頭したい。


これまでのミニ・タブレットは、「タブレットはよく使うが、もう少し小さいのが欲しくて」二台目で買ったりだとか、「タブレットは前々からよく調べて狙っていた。けどもう少し小さいのが出るまで待っていた」という人向けの市場、という性格が強かった。

そういう人達からすると、iPad miniは「ふーん」なわけだが、iPad miniは、iPhone〜iPad間に位置するという、そのまんまでありながら、絶妙な製品なんだな。

「iPhone買いましたね? ありがとう。なら、次のおすすめはこれですよ」と言いやすい製品。


もう50ドルくらい安かったらだいぶよかったと思うけど、売れると思いますね。だから、2世代目はもっと売れると思いますよ。


さておき、新しいiMacも発表されたわけですが.....これが一番欲しい....



posted by ORICHALCON at 12:42| Comment(1) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2012年10月18日

抜群の地図アプリ MyMap+ にGoogleマップが復活(使い方説明)

MyMap+.png

MyMap+

85円

iTunes storeで見る


この地図アプリはなかなか良い出来で、iOS6の救世主と目していたのが、iOS6アップデートと同時にマップソースがAppleマップになってしまうという悲惨な結果になってしまった。

これはiPhoneのデフォルトのマップに準拠する設計とか、そういう感じだったからも知れない。
iOS6の貧弱マップ対策にこのアプリを推奨していたサイトなどもあったので、とんだガッカリ現象になってしまったわけだ。

そこでこのアプリの作者さんは、MyMap+上でGoogleマップを復活させることを約束。さらに、GoogleマップとAppleマップ、これらを好きに切り替えられる機能を持たせるとまで豪語し、しかもそのアップデートは完了してAppleに申請中というとこまできてたから、ユーザの期待感は恐ろしく高まった。

しかし、ここからちょっとした悲劇が始まる。
普通に申請したら、この頃には公開できるだろうと踏んだ期日が宣伝された。しかし、それを過ぎても一向にアップデートされない。その期日を信じて購入したユーザが多かったらしく、レビュー欄は大荒れに荒れた。

どうやら一度、申請が通らなかったと見える。AppleマップとGoogleマップの切り替えボタンのデザインとその位置に問題があったようだ。
デザインにAppleマークが入っていたことが特に問題だったのかも知れない。(これは予告画像として公開されていた)
マップ切り替えボタンは地図上に置かれる予定だったのが、メニュータブの中に押し込まれた。

まあ、こんなことはさておき、やっと公開されたので、ご紹介します。


このMyMap+はよく考えて設計されており、地図アプリとしては、ほぼ間違いなくトップクラスの製品だ。
ただし、ひとつ難点をあげれば、「人によっては使い始めはとっつきにくい」というのがある。それは、このアプリが使いづらいという意味ではなく、単に我々がGoogleマップの操作に慣れすぎているからだ。このMyMap+は、その「慣れている操作」にさらに疑問を投げかけているアプリで、地図アプリを操作する上での問題点を考察して作られている。


まずは、パッと開いた画面。(画面の上のステータスバーはトリミングしてある。ご了承下さい)

2012-10-18 06.35.46.jpg


おお! Googleマップ!!

クロス十字のカーソルがあるのがわかっていただけると思うが、このカーソルがこのMyMap+の最大の特徴のひとつだ。
知っていおいて欲しいのは、このカーソルは現在地を指すわけではないということ。指で好きに移動できる。

地図のズームは、画面右に見えているジョグダイアル(表示位置は左右指定できる)。また、オプションで+ -のボタンにもできる。さらに、このジョグダイアルはコンパスにもなっている。
これらがこの地図の特徴で、使い慣れた二本指によるピンチイン、ピンチアウトが使えない。最初は結構これにとまどうと思う。
ピンチ・ジェスチャーが使えない理由は、カーソル機能があるからだ。(さらに、片手で操作する、という思想がこのアプリにある)

さっきも書いたように、カーソルは現在位置とは別に、指で移動できる。なにに使うのかは、またのちに説明します。


マップをAppleに切り替えてみよう。左下の三角アイコンで、メニュータブを引き出せる。


2012-10-18 06.35.521.jpg


[A] がAppleマップ、[G]がGoogleマップだ。


2012-10-18 06.36.08.jpg

Appleマップ。うーむw
いくら切り替えられるといっても、さすがにしばらくは使わんだろうなw
しかし、この機能のおかげで、もし将来Appleマップの整備が整ってきて実用充分になったとしても、このMyMap+を使い続けることができる、という考え方もできる。


Googleマップモード上ならもちろん、ストリートビューも使える。

2012-10-18 06.37.17.jpg



左下の切り替えアイコンで、ビューモードを切り替えられる。つまり、iPhoneを横にして、ランドスケープモードにできる。

2012-10-18 06.37.171.jpg


このとおり。

2012-10-18 06.37.44.jpg



メニュータブを見るとわかってもらえると思うが、このアプリはかなり高機能で、ほぼできないことはないと言えるほどの作り込みだ。

2012-10-18 06.35.521.jpg


そのうちのいくつかを紹介しよう。
たとえば、距離測定。
これは、地図上を指でなぞることによって、距離を算出してくれるというもの。


2012-10-18 06.38.33.jpg


上の画像によれば、四ツ谷駅から市ヶ谷駅までは直線距離で約1km,なぞったルートの距離が1.16kmということがわかる。
こういうのはツーリングなどで便利かも知れないね。

地図の検索機能ももちろんあり、ソースはGoogleマップ準拠なので充分な性能。

2012-10-18 06.39.27.jpg 2012-10-18 06.40.46.jpg




キーワードはもちろん、カテゴリからもざっくりと検索できる。検索対象の範囲を半径で指定できるのも心憎い。下手すると「そんなとこまで歩かねーよ!!」という遠方の情報まで出してくるアプリなどあるからなw

2012-10-18 06.41.39.jpg



ルート検索ももちろんあり。

2012-10-18 06.42.37.jpg

上の画像でわかるように、目的地がカーソル位置になっている。(もちろん、他のあらゆる指定方法で編集はできる)
つまり、カーソルで直感的に「ここへ行きたい」とあわせてやるだけでOKなのだ。カーソルはそういう使い方ができる。
Googleマップなどでは、いちいちピンをドロップしなければならないのに対し(また、いちいちあとで消さなければならない)、カーソルなら気軽にあちこち合わせることができる。


また、鉄道などの乗り換え案内機能まである。

2012-10-18 08.28.26.jpg

この画像でもおわかりのように、サービスが選べてしまうなど、乗り換え案内ひとつとっても隙のない設計だ。いろんな機能がこのアプリにはあるが、それぞれを「一応あります」的に搭載しないのが素晴らしい。


カーソルが威力を発揮する機能のひとつに、ココメール機能がある。

2012-10-18 06.43.50.jpg


これは御存知の通り、「今ここにいるよ!」と第三者などに共有のメールができる機能なのだが、この作者さんは、地図アプリを使用する上でぶつかる小さな問題点というのをよくわかっている。

まずひとつ。普通にこういう機能というのは、GPSで取得した現在地をそのまま送るだけというのも多い。てか、ほとんどがそうだろう。

だけど、GPSというのは完璧ではなく、電波状態によっては結構誤差が出る。
地図を拡大して精細に見たならば、「隣の建物にいることになっている」なんてのはざらだ。ひどいのになると、50m以上ずれているなんてことも珍しくない。

そこで、カーソルを正確な位置にあわせてやればいいのだ。これだと、これから向かう先を事前に共有することさえ可能だ。

しかし! 指で地図上を正確にタップというのは意外に難しいものだ。いくら地図を最大に拡大しても、今いるレストランへ正確なピンを置くなんてことは結構な集中力を要する。不可能と思える場合すらある。
その問題をこのMyMap+は解決している。

カーソルを長押しすると、カーソルの色が変わって、抑えている指の位置から少し上にずれてくれる。つまり、押さえた指でカーソルの十字が隠れない。



つまりこういうこと。

2012-10-18 06.45.49.jpg


これで、超正確にカーソルを地図上の好きな位置にあわせることができる。こういうのひとつとっても、丁寧な作りだなと感心してしまう。


このアプリは、地図上にいろいろマーキングしたり、またそのマーキングした情報をデータ管理していろいろ運用する、という思想で作られている。
個人的にはあまり使わないので、ここで詳細には説明しないが、このデータはPCなどに同期して、PC上の大きな画面で編集・管理などもできる。


アンカー機能を見てみよう。これは言わば、地図上の簡易ブックマークみたいなものだ。
これは最大5つまで、好きな場所にアンカーを置けるというもの。
アンカーはドラッグ&ドロップでもいいし、カーソルを合わせて置きたい番号のアンカーアイコンをタップでもいい。
置いたアンカーは長押しで移動できるようになる。


2012-10-18 06.47.49.jpg


Googleマップなどにおける「ピンをドロップ」との違いは、余計な機能を廃して「ただ、その位置をブックマークする」ということに特化している点。
アンカーモードから簡単に編集でき、即座にすべてを消す(アンカーを戻す)ということもできる。

ピンをドロップしつづけていると、ピンだらけになってしまう。重要なピンも重要でないピンもわかりにくくなってきて、「このピンなんだっけ?」とまでなってくる。また、ピンは大体がタップしてさらに情報画面にいかないと消せない、というアプリも多い。
けどアンカーならひと目でそれとわかるし、パッと消せる。もちろん、パッと置ける。つまり一時的な目印機能として割りきっているわけで、ピンをよく使う人はこういう機能は助かるかも知れない。


Googleマップで言う、「ピンをドロップ」は、このアプリでは「マーカー」と呼ばれ、画面左下のマーカー編集タブからできる。


2012-10-18 06.56.54.jpg


マーカーは、カーソル位置に配置される。ここでもカーソルの恩恵があるのだが、つまりこれまでのように指を長押ししてピンをドロップというのは、便利なようで不便でもあった。
「あ、そこじゃないんだなあ・・・微妙に違うんだなあ」という経験はだれでもあるだろう。
細かい地図には、指は結構でかすぎるデバイスなのだw


マーカーをタップすれば、情報が見られる。そこから発動させられる機能類もぬかりない。

2012-10-18 06.59.02.jpg



マーカーは、色はもちろん、名称やアイコンなども編集できる。

2012-10-18 06.57.11.jpg


2012-10-18 06.57.38.jpg



アイコンはカテゴリから選べばさらに多数のアイコンが選択できる。


2012-10-18 06.57.44.jpg


多すぎてかえって迷いそうだが、しかしまったくおんなじデザインのピンが溢れかえる地図よりはましだ。特にマーキングを地図でよく利用している人にとっては重要だろう。

またそういう意味で、このマーカーを自由にフォルダ分け(グループ分け)できるというのが便利なわけで、このMyMap+のウリでもある。


2012-10-18 06.59.11.jpg



このグループはいくつでも作れる。地図上でグループを選択すれば、そのグループ内のマーカーだけが表示される。
上の画面は、例として映画撮影のロケ地候補をマークしているが、グループを増やせば、シーンごとの候補、撮影日ごとの候補というのを作り、それぞれ管理・閲覧できる。

これを従来のiPhoneのGoogleマップでやろうとしたら、ただ赤色のピンが地図を埋め尽くしている絵になってしまうだけだろう。

グループの編集は、簡易的(表示・非表示、ロック、タイトルなどの変更)なら、画面の右側のグループリストアイコンからできるが、もっと細かくマーカーごとに編集したり、グループの並びを変えたり、グループそのものを削除する場合は、画面右上のメインメニューボタンからすすむ。

2012-10-24 21.54.27.jpg



2012-10-24 21.54.34.jpg



先にも述べた通り、このマーカー情報はPCなどに同期でき、PCの画面で管理したりできるし、このアプリが入ったデバイス同士なら、データをBluetoothで受け渡しができてしまう。数人で連係して地図を使った作業をする時など、シーンによってはこの上ないツールだと思う。
とにかく、「デバイス上のデジタル地図を活用する」という意味で、この作者さんの考えつく限りのアイデアと機能を提供しようとしている姿勢がすごいと思う。まだアプリは不安定な部分もあるものの、今後も応援したい。


まあ、多機能なので、ここですべては紹介しきれていないが、マーキングとその管理機能をさておいても、地図アプリとしての基本的な機能は網羅されているので、普通に使うという意味でも充分だ。
もちろん、iPhone5の4インチディスプレイにも対応しているし、まさに「落ち度がない」アプリ。

地図のズームと、カーソルの概念に慣れが必要なものの、それはGoogleマップに慣れすぎてしまっていただけであって、これまで説明したような「作者の意図」に気づくと、頭の切り替えも楽になる。そしてこっちに慣れてしまえば、逆に「他に戻れない」くらい使い勝手が良いと言えるだろう。

もっと詳しい公式オンラインマニュアルがある。


マイマップ+オフィシャルサイト

マップをPCのWebブラウザで共有


MyMap+。85円はアプリとしては底値なので、iOS6のマップに頭を悩ませてる方、いい地図アプリをお探しの方は、試されてはいかがでしょうか。


であであ。


posted by ORICHALCON at 09:35| Comment(5) | TrackBack(0) | Mac & iPhone