2012年08月24日

新宿梁山泊 「百年 風の仲間たち」観劇

お芝居の観劇が今年になって続いてるなあ。こうなるとこのブログでカテゴリ分けしてもよさそうだ。「日記」ってのもねえ...

さて、やはり去年の青果鹿の芝居でご一緒した「島さん」こと島本和人さんが出演ということで出撃。島さんは僕のお兄さん役でした!!

てかねえ....島さんは同世代ということもあり、話してると楽しくてしょうがないんだよな!! だからお会いできるのを楽しみに行って参りました!


老舗の新宿梁山泊ですが、公演は初見です。
シンプルに説明してしまうと、大阪のコリアンタウンの「在日朝鮮人」の人々が描かれる作品。

僕は在日はもちろん、韓国人の知り合いも多いし、僕自身も韓国語勉強したりした時期もあったりして、一般の人よりかはこの手の内容には歴史的にも情報的にも造詣があるつもりです。

そういう視点からは、あまり新鮮だとか目新しいというものは特にはなく、手法などもとても古典的だったのですが、それでかえってすんなり鑑賞できるというところに落ちつけました。

ただ、「音楽劇」とも言えるくらいキャストが生演奏して歌ったり動いたりするという、このどえらい趣向には圧倒されましたよ!
特に劇中に出てくる「百年節」(だったかな)は、耳からまだ離れませんw


2時間10分というこってりの尺に、これでもかと熱い「恨(ハン)」が彩られていきます。


この朝鮮人の「恨(ハン)」という情緒は、劇中でもちょっと説明されているけども、日本人に理解させるのはちょっと難しい。
これは西洋人に日本人の「忍」や「誠」、「和」などを理解させるのがすんなりいかないのにも似ている。
「恨み」の「恨」という字が宛がられているが、単純に「恨み」という感情と関係があるわけではない。

また、ここで安易に僕のような者がこういうものだと説明するものでもない。これは知るべき人が自分で知るべきことでもある。


ただ、この「恨」を理解しようとしない限り、「最も近くて最も遠い隣人」を理解する道のりはやや遠くなる。


「在日」に関してだが、すでに現代は三世・四世という世代になってきているため、今や在日のアイデンティティやその視点はひと昔前よりもはるかに多様化している。
そういう意味では、この作品で主張される(もしくは描かれる)在日のアイデンティティは、あまりにもオーソドックスすぎるというか、よくも悪くも「原点的すぎる」と感じる。もちろん、「リアル」な人たちが作と演出をしているのだから、「リアル」なのは間違いない。
しかし、一世代前の感覚に見えるのは拭えない。


こういう「おさらい的」なものは、こういった情報にうとい日本人には価値があるのかも知れないが、今この時代にきて出会うものがここ止まりなら、それはそれでちょっと不幸だ。

たしかに「あの頃は・・・・」というのも大事だが、その積み重ねでまた新しい世代の在日のアイデンティティというのが生まれてきており、そしてまたその世代特有の現代的葛藤というものがある。しかし、なぜか長老たちはその若い世代に自分たちの古い葛藤をそのまま継承したがるもので、これはどういうわけか朝鮮人特有のものだ。(いや、民族にかぎらず、先人というのはそういうものかも知れないが)
これはとても先祖を敬ったり、儒教や家長制度、その他もろもろの朝鮮民族ならではの性のようなものなのかも知れないが、若い世代はさすがにそろそろそういうものに耳を貸さなくなってきている。

年寄りが言っていることは結局は愚痴なようなものにすぎないとまで感じる世代もいるわけで、彼らは場合によっては「帰化」もいとわない。

そしてそれも、現代の在日の一面のひとつでもある。要は「これからどう生きるか」が問題なわけで、それに対してどういう生き様をチョイスしていくか、というのがこれから見てみたいファクターだ。


そういう意味で、今回の作品が「原点」だとしたら、「その次」というものがいつどう扱われるか。そしてそういったものを新宿梁山泊が実際に料理するか、それは僕にはわからない。


劇中、「自分は大阪人」と言う在日の人が出てくるが、このセリフが単なるセリフではなく、物語によって描かれたなら、これ以上のものはないだろうし、そういうものなら見てみたい。



島さんがかっちょよくギターリフをかましていたのには驚いた!! 鳥肌たった〜(>_<)

これも大きな収穫のひとつです!!


帰りに島さんとちょっと一杯。久しぶり(一年ぶり)でしたが、楽しかったわ〜w
島さんがご自身による次への作品づくりに意欲を燃やしていたので、楽しみです!!!




posted by ORICHALCON at 04:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月17日

激弾ショット公演 「未必の故意」 観劇

去年の青果鹿の舞台でご一緒した、青戸則幸さん主宰の公演です。

一応役者のはしくれでもあった身からして一目置かざるをえない俳優、青戸さんとこの芝居ですから、それこそ早くから体験してみたかったのですが、やっと実現です。

小屋は王子のpit北/区域という、僕はお初のとこでした。

公にインフォはしていませんが、演出は青戸さんがされていると思われます。


こういうのはあたりまえなのかも知れませんが、まずキャスティングに隙がまったくなく、最後までのめり込んで観れました。

本は、驚異的とも言える量のセリフに彩られた、精神群像劇。2時間という尺はもう少しダイエットできたかも知れないとは思いつつも、セリフがどれもいちいち良くて、個人的にはかなりツボw
日本語の文体構造の妙を物凄く心得ていて、文学的、小説的とも言えます。

「未必の故意」というタイトル。これだけでそそられます。


これは簡単に言ってしまうと、「ある島」の島民の内輪だけで、ある意味、完全犯罪を構築せんがための模様を描いているのですが、それは「故意」を「未必の故意」にするということ。しかし、完全犯罪というのはひとつの視点にとどまっているうちは成功しないわけです。多角的でないとならない。

で、この犯罪の構築に巻き込まれてしまうキャラクターがいるのですが、彼が唯一、第三者的視点にいるわけです。

この客観的視点の彼は、その視点の利点でいいところまで構築の補強を行うのですが、結果的に「ひとつの視点に固定されてしまっている」人物に排除されてしまいます。
しかし、それを言ったら、すべての人間の視点が共有されるということはなかなかないわけで、実際に劇中では不具者のキャラクターらが独自の視点から、対立を示します。特に耳が聞こえない人物は常に「離れた視点」に置かれており、完全に共有できない側へ置かれてしまいます。(この役を、やはり去年ご一緒した鯨井くんが好演しており、必見です)

そして上のような構造は、普段、我々が日常的に対峙している現象でもあります。

たとえば、毎日勤めに出ている企業、学校、その他のあらゆるコミュニティなどなど。

特に企業などは、「内輪」の世界ですから、上のようなことが起こりがちです。
「この製品は売れる」などと勝手に盛り上がったり、会社の事情だけでプロジェクトを進めてしまったり。TV局などに起こりがちですが。
しかし、一旦世間に出した瞬間に「それはダメ」ということを一瞬で悟らさせれるわけです。

この作品も、最後の最後に、たったひとつの外側の視点に晒されることによって、あっけなくすべてが崩れ去ります。

そしてなによりも最高なのが、その「外側の視点」を、我々観客を使うかのような演出になっている点。ここで観ている僕らも我に返る感じがあるんです。憎いですね〜。


さすがに気楽にさっくり楽しめるといった類ではなく、それなりに集中力と体力を必要とする作品なんですが、その価値はあるので興味持たれた方はぜひ。18日までの公演です。


激弾ショット HP


こういう空間に浸ってみるのも悪くないですぞ。
posted by ORICHALCON at 01:20| Comment(105) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月08日

帰ってまいりました

金沢から帰ってきました。

良かったですよ〜w
さすがに暑かったけども。てかまあ、日本全国暑いんですけどね。

お約束の兼六園は押さえましたとも!

こちらは霞ヶ池。

IMG_0113.jpg

水面でわかる通り、雨がたまにパラパラだったんですが、通り雨的で、不快な感じはありませんでした。というか、たまに太陽が隠れて降ってくれるくらいが良いw


一番印象に残ったのがこの噴水!!!

IMG_0111.jpg


日本最古(1861年)の噴水だそうで!
3.5mも噴き上がっているんですが、それがものすごい勢いでしてね。しかもこれポンプや電気などを一切使用しておらず、水の流れる高低差による圧のみで噴き上げてんですよ。
「いや、ウソでしょw」って言いたくなるくらい、見事に噴き上がっています。霞ヶ池の水位によって勢いが変わるそうなんですがね。


お次は金沢城公園へ。


大好きなお城です。
石垣博物館と呼べるくらい、石垣を楽しめます。特に二の丸を囲む堀側の打込み接ぎはめちゃ見事です。

IMG_0122.jpg



石垣をのぞく上モノはさすがにほとんどが復元でして、珍しいことではないんですが、本丸も残っていません。跡地のみです。

かなり精巧な復元作業により、勇壮な菱櫓などを楽しめます。


IMG_0119.jpg


IMG_0121.jpg



櫓に上がると狭間からものすごい涼しい風が吹き込んできて、まさに天然のクーラー。動きたくありませんでした。


IMG_0115.jpg




有名なひがし茶屋街もぶらつきました。

趣があります。

IMG_0127.jpg


IMG_0128.jpg


ちょっとした路地裏でもなかなかの風景です。


IMG_0129.jpg



いやあ、金沢は観光都市ということもあって、北陸でも有数の都市だと思うのですが、それなりになるには、それなりの下地というのが必要です。たとえば、お隣の福井県福井市は、金沢ほどの発展は感じませんでした。観光都市ではないからというだけでなく、そういう下地を持った都市ではないということで、金沢はやはり加賀藩という大藩のお膝元だっただけに、都市の下地があるわけです。このお茶街などもいい例でしょう。


石川といえばこれ、天狗舞と菊姫!!!


IMG_0102.jpg


一升瓶でいてこましたろうと思ったのですが、軽く2万円越えになってしまうので今回は720mlでw それでも日本酒にしてはさすがにいい値段になってしまいます。

なにはともあれ、ゴギゲンでござい。


posted by ORICHALCON at 13:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月06日

金沢に来ています

ここのところちょっと忙しくてブログもとうとう休んでしまいましたが…

なんとただいま、石川県は金沢へ参っております。

厳密には遊びに来たわけではないのですが、せっかくですので明日は兼六園などちょっと見れたらなあと。

ですから明日もブログはお休みです。
posted by ORICHALCON at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月14日

舞台観劇 「靴の中の小石」

「野いちごと子ねずみたち」の時に出演してくれた、川口茂人さんと田中香澄さんが出演している舞台、Toshizoプロデュース作品「靴の中の小石」を観てきた!!

こちらはまず脚本を用意するという普通のやり方ではなく、ある程度設定を決めたらそれを元に俳優たちが即興シーンをやり、それをビデオで撮ったりして設定やプロットを練り込んでいくという方法で舞台を作っています。

ドラマの撮影現場が背景となっていて、面白かったです!
一緒に観に行った仲良しの直美さんも大喜びで、彼女も言っていたけど、ほんっとに俳優って大事だなと思い知らされました。
舞台でも映画でも大抵そうなんだとは思いますが、特にこちらの舞台は「俳優ダメだと成り立たんなw」というくらい、俳優を楽しむものになっています。

また、こちらの舞台はいつも、小道具や舞台装置を極力排するというスタイルで、それがかえって見るのに集中しやすいねと直美さんが言っていました。ほんとにそのとおりだと思いましたよ。不思議ですよね!

演出・脚本の藤原稔三さん(出演もされています)とは、前に別件で二人して飲んだ以来でした。
「あんときゃ飲んだねw」と笑いあったのですが、すごく魅力のある人です。また、舞台に上がると完全にいなくなってしまいます。というのは、稔三さんがいなくなっちゃう。まったく別の人になってしまうからw こうなりたいものです!(>_<)


この作品、16日までやってますので、興味を持たれた方はぜひ!

ToshizoプロデュースHP
posted by ORICHALCON at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記