2008年06月07日

愛しのアナデジ危機一髪!!

Image004.jpg地上デジタル放送アナウンサーのことではないです。
デジタル&アナログタイプ時計のことン。

ブログなどというものをやってると、「なんか書くことないかな」みたいな意識が少なからず働くと思うのですが・・・・僕はどうもだめみたいね。

「なにか事件ないかな〜(自分の身に、ということですわよ)」と想いを巡らすのですけど、ないもんだわ〜。

いや! あった!! ということで、この日記。

ずーっとお気に入りで愛用のアナデジが壊れてしまった!!!

もう10年近い付き合いになる子です。

昨日、いつものように腕に巻いて出掛けたはいいけども、駅までの道のりを通りすがら、ちらっと目をこいつに走らせて・・・・ヌハッ!? !? !?

   00
   00:00

とかなってやんの><

なにこれ? って思ってボタン類を押したら、スーッと消えちゃった。やだ、なんなのこれぇっ? ってボタン連打。

リセットを押すと、写真のような状態になりますが、またすぐ、

   00
   00:00

とかなって・・・の繰り返し。

なんだ・・・電池切れかぁ〜・・・・そうだ、今日はヨドバシだかビックカメラだかに行くから(6/6の日記参照)、ついでに電池交換してもらうべ! と、そんな感じに思いなおしていざ、新宿へ。

ちょっと早めについたので、ヨドバシ東口マルチメディア館の地下へ。

「時計修理部門」というわかりやすいバッジをつけた店員さん(ちょっと爆笑問題の太田さん似)をつかまえてさっそく打診。

「電池交換願えますか? どのくらいお時間かかりますでしょうか?」

と、愛機を差し出す。

店員氏「(手に取り)ふーむ・・・・(と、いじりだす)」

どういう直感なんだか、いきなりリセットをかけたんだよね、店員さん。経験からなのかしら。

店員氏「いつ電池交換なさいました?」
僕「えーと・・・あら? そういえば一年ぐらい前ですかね」

電池なんてそんなすぐなくならないはずたわなあ、考えてみれば。

店員氏「とにかく今、リセットかけたので、表示されてるみたいですから・・・」
僕「いえ、あの、それがすぐ消えるのです。ルミブライトを押すと消えるんです」
店員氏「(試してみて)・・・なるほど、そうですねえ」
僕「だから電池かなと (^^;)」

店員氏、また少しいじってから、

店員氏「工場に出すことになりますね」


と、きっぱり。

店員氏「2週間は見ていただくことになりますかね」
僕「あ、あの、工場って、修理ということですか?
店員氏「そうです」

いや、まず、電池交換してみてくんないか!!

店員氏「あのですね、時計用の電池というのは、消耗したらまったくつかない電圧のものを使用してましてね。これはこの通り画面に表示がされますので、電池の消耗とは考えにくいのです」
僕「ほへーっ」
店員氏「それに電池交換といいましても、このタイプですとここではすぐにできません。やはり工場に出すことになります」

それ早く言ってよ><

いや、ちょっとまて!!
ここでできないって??

こいつの最後に電池を替えたのは、近所のイトーヨーカードーの鍵屋さんだぜっww

小さなコーナーでおっちゃんが暇そうにやってるプレイスなんだぜっw
そこで5分とかからずにやってくれたのに、なんで新宿のど真ん中のメジャー家電専門店の、しかも「時計修理部門」などという大層なバッジつけてるあなたのいるここで、できないっつーのッ? (><)シドイ!

しかしこれはたった今、このエントリを書いてて思い出したことなんだけどね・・・www だからその時は普通に納得して、

「そうですか〜・・・わかりました〜・・・とりあえず今日は持って帰ります><」

などとひっこめたのであるが。


しかし気になるのは店員氏の「時計の電池というのは・・・云々」である。
へーえっ、そうなのか〜・・・・つーことは、なに、やっぱし故障なの??


わーん、ショック!!!!

あまりにもショックだったので、そのまま店内のGショックをちょっと眺めてみることに。
わー、すげー、いろいろあんなぁ〜。この際、新調するかな〜・・・
今さ、電波時計あーんどソーラーというのがあって、「時刻あわせいらず・電池交換必要なし!」っつーのがあんのねっ!

これいいなーっ。

んだけど・・・・この10年来の相棒も捨てがたい。

あ!!

今思い出した・・・(そんなんばっかw)・・・そういえばおととい、この時計をテーブルから落として、カコーン!とかっていい音出しちゃったことがあったのだ。
考えてみたら、そんな経験一度もなかったけど・・・あの一回で狂っちゃったのかしら???

いやー、確かに時計ってのはさ、精密機械だから、衝撃厳禁なわけよね。

それを考えてみると・・・・Gショックってほんとにすごいなっっ、今思うとっwww

聞いた話だと、アメリカでGショックのCMをカシオが流した際、Gショックをアイスホッケーのパックがわりにして、ホッケー選手たちが激しくカンカン打ってプレイするって内容をやったらしい。

それでも動いてるGショック! みたいな。

そしたら「誇大広告だ」って、バッシングが起きたらしいのだな。
そこである番組が検証してみようってことになって、実際にGショックでホッケーをしてみたそうな。

その結果、Gは平気な面して正常に動いてたそうで、「誇大ではない」という結論が出たとか。結構有名なエピソードらしい。

むーっ、やべえ、G欲しくなってきたwww

こういうメカニカルなのに弱いんだ、僕><
しかもタフときてる。タフじゃない僕にはぴったりだ。


でもなーっ、この10年来の愛しの君も捨てがたいので・・・とにかく例のイトーヨーカドーに持ち込んでみよう!(←そうきたか)


ヨドバシマルチメディア館時計修理部門

        VS

イトーヨーカドー立場店内・鍵屋さん



これで普通になおったら夢ふくらむぜまじで!!!


写真の時計はまたぼんやりとなにか表示してますが・・・すごい斜めの角度から見ないと、確認できないの。
こいつが、くっきりはっきりパナカラー!(古い)となる日はくるでしょうか?

そしてこんな内容でこんな長いエントリを書く僕はなんなのでしょうか?
posted by ORICHALCON at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
時計・眼鏡・補聴器・宝石. ... 店内には時計と眼鏡などを展示している『時計眼鏡資料館 』も併設してありますので、時計や眼鏡の歴史などについて、知ることができます。
Posted by 時計 at 2012年12月28日 14:24
スーパーコピーブランドプラチナの腕時計.球形陀はずみ車の口ぶりm.-スッポンの米。3年後に、万年暦の逆行する月の跡* 世界の第1はただ冠の上でジャガー・ルクルトの誕生で鎖装置の腕時計を表します。これに類するのが世界の腕時計の史の上で重大な影響の一里塚式の創造を持っているたくさんでジャガー・ルクルトから来ました。これらが時代性の発明にまたがることがで、ジャガー・ルクルトのためにスイスの時計業の父の”の運命の時間を製造する文化を勝ち取りましたスーパーコピーブランド
Posted by スーパーコピーブランド at 2013年11月27日 17:18
スーパーコピーロレックス代引き専門店,【人気N&#32423;品】ロレックスコピー | Jpproshop999.comロレックスコピー1992年ジャガー・ルクルトは“ギネス記録”の小型のチップの2を作って表に(I が=2.256ミリメートルを時計界の腕時計が震動させたことを造り出します。このジャガー・ルクルトは調整そしてのために全体を強化します 製品ライン、“の大家を出しました20世紀に50年代すばらしい円形が殻を表したことを設計にした (Master)"閼形はモデルを表して、外のもう一つの主力のシリーズを表して腕時計を表すことをひっくり返すことにします。値します 持ったのとはロレックスコピー
Posted by ロレックスコピー at 2014年02月19日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15778194

この記事へのトラックバック