2013年02月28日

ELEMENTCASE SECTOR5

憧れのELMENTCASE製のiPhoneケースを手に入れました。SECTOR5です。

いろいろ見て考えていたんだけど、結局これが一番かっちょええ。というか、好みだった。
Standard Editionで、"COD4 Black ops Edition"と悩んだのだけど、5千円も高い。(違いは、ヒンジ部のパーツとスクリューの色、それと専用キャリングケース並びにバックパネルが付く)

First Edtionのメタリックグレーもちょい魅力で予約もよぎったたのだけど、色味がツートンになるよりもバシッと黒一色が良いと思ってこれに。


sector5.jpg


iPhone5では撮影できんので、iPod touch化しているiPhone4で撮影。ちょっと暗いね。
なんか汚い台の上ですが、これ実は懐かしきインベーダーの筐体。これを改造してパソコン机にしてます。

アルミ製で、うまく肉抜きされたデザインのバンパータイプなのでとても軽く、ギルドデザインのソリッドの時のような、装着時の"なんとなくのズッシリ感"とかはない。ほぼノーマルの重量。

背面はこんな感じ。

sector5_2.jpg


よくわかんないね。

よくわかるサイト → ELEMENTCASE SECTOR5 -CASEPLAY-

Caseplay横浜店で購入。店員さんが親切で感じが良かった!! 手持ちのiPhoneで何度もつけたりはずしたりと試させていただけるのがありがたい。今後もまたあそこで買いたいな!!


付属品で液晶保護シールと、背面保護用の専用シートが付く。このシート、スェード調でなかなか手触りがよく、しっくりきます。また、これ貼ってるとポケットの中とかでパッとつかんだとき、裏表がわかりやすいのもいいw
このシートは貼ったり剥がしたりできます。(粘着式ですが、剥がしたあとに貼っておく保管用パネルまで付属している)
一度貼って手触りを楽しんでいたのだけど、やはりアップルロゴマーク見えないのはさみしいのでまた剥がして使ってるw

スクリューは8個もありますけど、脱着に関しては付属の専用ドライバで好きなとこをひとつだけはずせばよく、スクリュー部はすべてヒンジになっていて、ひとつをはずせば簡単に展開してはずせます。この脱着のしやすさは、この手のものでは珍しいと思う。それでいて装着時はしっかりとはまります。iPhoneと接触する部分には、薄いウレタン製と思われるクッションが装備されてるのもいいね。(ちなみにスクリューは予備が2つ余計に付属しています)

ギルドデザインとかは、一度付けたらはずすのとかやだもんねえw

さておき、使い心地はどうかというと、なかなかかな。
特に上の写真にある通り、スリープボタンがパーツとして組み込まれているのが◯。これまでポリマー製のケースを使っていたのだけど、それだとスリープボタンを完全に覆ってて、押すのにちょい力が必要だったのがなにげにストレスだった。ということで、これは助かります。

問題は側面のマナーボタンとボリュームボタン。かなり奥にいってしまうので、特にマナーボタンは片手では無理です。
ボリュームボタンは一見無理そうにみえますが、その気になって押してみるとちゃんと指が届く。片手で可能ですが、やや指にバンバーのエッジが食い込むかな!!

つーか、このSECTOR5,かなりエッジが立ったつくりです、手に食い込むというか、指切るんじゃないかってくらいw
まあ、それが気に入ってこれにしたんですけどね。けどこれ、人によってはかなり抵抗感じるかも知れません。

iPhoneの下側の横幅が広くなるので、片手での操作が楽になった。特に文字打ちの時など、親指の自由度がちがう。これが一番の恩恵かもwww

包装の箱はけっこう凝ったつくりで、Apple製品みたい。専用のナイロンケースが付属します。とってつけたようなヤワヤワのではなく、なかなかハードで使えるケースです。あと、好みで貼れるiPhoneのバンパー保護シール(黒/銀2種類)も付属しますが、まあ使わないかな。

電波とかですが、まったく影響は感じられません。さすがバンパータイプ。


とまあ、ちょっとした散財ネタでした。
posted by ORICHALCON at 21:41| Comment(83) | TrackBack(0) | Mac & iPhone