2012年07月07日

プレシャス

precious.jpg

プレシャス

監督 : リー・ダニエルズ
出演 : ガボレイ・シディベ モニーク ポーラ・パットン マライア・キャリー レニー・クラヴィッツ


上の画像は、Huluで使用されているタイプのもの。いわば、日本のマーケティング用だろう。

海外仕様はというと、これらがある。(以下はクリックで拡大表示できる)


a0051234_22183362.jpg


a0051234_2218241.jpg



だいぶ趣きが違うのがおわかりだろうと思う。
日本仕様はなんかこう、心あたたまる感動ストーリー!!って感じで、「プレシャス」のタイトルのロゴといったらあなた.....キラキラしてます。


ところがどっこい。フタを開けてみるとR15+指定(15歳未満閲覧禁止)作品でござい。


サンダンスでグランプリを取ったということで、公開当時ちょっと気になっていた映画だった。
紹介されていたあらすじがまたちょっと強烈でもあった。


プレシャスはハーレムに住む16歳の黒人少女。自分の容姿に強い劣等感を持ち、実際、学校でも虐められ、誰からも愛されないと思っている。家庭では両親からの虐待の毎日。その上プレシャスは妊娠しており(しかも二人目)、それは父親から受けているレイプの結果である。


映画がはじまってから終わるまで、日本仕様のようなキラキラなムードは一切無く、そこはかとなく痛々しい空気が蔓延している。
かといって暗いとか、救いようのない映画というわけではなく、プレシャスも意外にもタフなので観客もついていくことができる。

サンダンスで評価されるくらいなので、確かにメジャー路線ではなく、演出や構成も個性的。(ただ、珍しいとか新しいという意味ではない)


プレシャス役のガボレイ・シディベはオーディションで選抜され、実質これがデビューらしいのだが、あまりにも存在そのものがリアルすぎですごい。彼女なしでは創れない映画・・・というのは言いすぎかもだが、ドキュメンタリかと錯覚しそうになるほど彼女はリアルだった(また、それっぽい手法も使っている)

この映画のリアリティが増しすぎて、観客が重苦しくならないクッション素材が用意されている。まわりのキャストだ。
マライア・キャリーやレニー・クラビッツが出てきたりする。マライアは重要な役なのだが、スッピンなために事前に出演していると知っていないと、気づかない観客もいるんじゃないかな。

教師役のポーラ・パットンは、最近「デジャヴ」で観たばかりだったので、あの口角のあがった口ですぐ思い出した。セクシーな女優で、目でモノを語れる感じがいい。

問題は母親役のモニークだ。やばすぎる。結局この映画をグランプリに押し上げたのは彼女の功績がでかいだろうと思う。
オスカー取ってもおかしくない仕事をしているので、彼女と、彼女が締めくくるラストは必見です。

この映画は、なにより俳優を観る映画、と言ってもいいと思う。

とにかく、プレシャスのような境遇であれば、死にたくなるかよほどまいってしまうかなのだが(「死にたいと思うことがある」とはプレシャスも語るが)、プレシャスは黙って生きていく。
なんだか大津市のいじめによる自殺の件で最近ネットが騒がしいようだけど、若いうちからひどい仕打ちを受けており、そしてまわりからなんらかの救済が望めない場合、耐えられる子と耐えられない子の差はなにかというと、その仕打ちに対する自分なりの処方箋をもってるかどうかにかかっている。

そしてその処方箋の多くは、「感覚を麻痺させる」という方向性を持つ。追い詰められると、そうなる。
その一番わかりやすい方法例が、この作品で示されている。「空想」の世界に身をおくのだ。
プレシャスはなにかとあると、スターになって歌ったり踊ったりする自分、イケメンのカレシとイチャつく自分、そういったイメージを思い描く。(またこれがサマになっていたりするw)

たとえウソな内容でも、ポジティブな想像力が枯渇した時が、人間一番やばいというか、弱くなるんだなとは思う。

人間関係の不和の原因は、つきつめていくとほぼ100%、「コミュニケーション不足」だということがわかる。
言い換えれば人間関係の不和を解決できるのは、「さらなるコミュニケーション」ということになる。コミュニケーションを取るとなにが起こるかというと、「相互理解」であって、「理解」は想像力を母体エンジンとしている。

プレシャスの"プレシャス"は、想像力なのかも知れない。


ただ、もったいないことに、この映画はキャラクターに肉薄しすぎて、観客の想像力を刺激するところまでには至っていない。
「映画的」かというとそうではなく、なにか「記録的」な印象だ。そのかわり、残酷なほど「観客に媚びる」ことをしない。


万人におすすめする映画ではないのだけど、「愛」ってなんなんだろうなとあらためて悩みたい人にはおすすめです。


話が戻るけど、日本仕様のパッケージは詐欺だと思う。こういう恥ずかしいやり方をいつまでやるつもりだろう。
このパッケージから受ける印象を望む人が観る映画じゃないため、Huluにおける視聴者評価が下がっているという状態に陥っている。

こういうやり方こそまさに、「想像力の欠如」のなせる業だと思うんです。

タグ:プレシャス
posted by ORICHALCON at 22:34| Comment(1) | TrackBack(0) | Cinema

静かなる決闘

一日一本映画エントリを続けてみる大会三本目。
うん、でもたぶんあまり続かないと思う。


shizukanaru_kettou.jpg

静かなる決闘

監督 : 黒澤明
出演 : 三船敏郎 三條美紀 志村喬 千石規子


ふたつ前の「13ウォーリアーズ」のエントリで、「七人の侍」の話題もあったので、なんか黒澤作品を観たいと思ったので....

現在で視聴可能な黒澤作品はすべて観ているので、今回は初物ではありませんが、もうかれこれ20年くらい前に観た作品ですから、結構新鮮に観られました。

とにかく千石規子さんが若い!!(あたりまえ)
テレビでもおなじみの千石さんですが、僕はむかーし火曜サスペンスで孫をやったことがあります。ちなみにお父さん役は山城新伍さん。その山城さんはすでに故人ですが、千石さんはご健在。90歳だって!!!
あの独特のしゃべりかたは、この頃からだったんだなと。


たぶん、よほどの映画好きでないと観てないかもと思うので、これから観ようと思った人のために簡単なあらすじを・・・
なにより古い作品なので、録音状態があまりよくない(画質もだが)。たまになに言ってるかわからないところもあると思うので。


第二次世界大戦時。主人公である藤崎恭二(三船敏郎)は、軍医として前線に赴いていたが、野戦病院での手術中、誤って患者から梅毒のスピロヘータに感染してしまう。復員して父(志村喬)の病院へ赴くが、6年間待たせていた婚約者の美佐緒(三条美紀)に事実を告げられず、婚約を破棄する。美佐緒を愛しつつも近づけないという苦悩の日々を過ごすことになる藤崎。


とまあ、こんな感じ。
パッケージの三船敏郎はなんだかハードボイルドですが、藤崎はとても実直な青年です。

久しぶりに観ましたが、面白い。脚本にも演出にも演技にも、無駄がありません。

なんか、たまにセリフの言い回しが芝居がかってて、とっつきにくい印象を持つ人もいるかもですが、当時の日本人の美と捉えましょう。


藤崎の苦悩を見ていると、「とにかく美佐緒には本当のことを言ってやれよ」と言いたくなりますが、なぜ事実を告げられないのかという理由も、藤崎らしい考えに彩られています。


ウジウジした、暗い作品とかではなく、意外にもドラマチックです。

もちろん、派手さはなく、地味な作品なんですが、こういう人間ドラマを丁寧に、素直にやる、というのが黒澤の本来の魅力ですね。
そこを出発点として豪快な娯楽作品も手掛けたりするわけだから、それらがつまらないわけがないよなあ。



さて、この作品はいわゆる性病を扱っているわけですが、ここ近年、日本は世界各国でもエイズの患者数が増えている国のトップだそうです。
しかし巷のエイズ撲滅運動のポスターなどよりも、この映画を観た方がよっぽど「性感染症をおろそかにしてはいけないな」と思い知らされるものがあります。
藤崎は性的接触での感染ではありませんが、「人にうつしてはならない」という葛藤と、それを放棄している人間との対比。


藤崎の中の静かなる決闘とはなんなのか。ぜひご覧になってみて下さい。おすすめですよ。
posted by ORICHALCON at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema

ゲゲゲの女房

最低一日一本の映画エントリを目指しています。二本目。

Huluで視聴。


gegegenonyoubou.jpg

ゲゲゲの女房

監督 : 鈴木卓爾
出演 : 吹石一恵 宮藤官九郎


まず、NHKでの朝ドラとして大ヒットしたのは知っていますが、一話も観たことがありません。
また、原作である、武良布枝さんの自伝書も読んでいません。

映画化の方が、ドラマ化より先に企画されていたらしく、ドラマの成功に便乗するという類ではないため、ドラマとは切り離して作られたと考えていいと思う。
そういう意味で、ドラマ版の方に馴染みのある人はこの映画版にアレルギーを示す、といったケースもよく聞く。

ただ僕は上に書いたように余計な情報がないため、ひとつの作品として純粋に眺めることが出来た。


まずこの作品を観る気になったのは、やっぱり「水木しげる」というのがキーだ。
僕の幼少時の情緒形成のひとつに寄与している一人といっても過言ではない。

実は、僕はこの作品のヒロインである人物、武良布枝さん本人と電話で言葉を交わしたことがある。
今考えると冷や汗ものなのだが、時効だと思うから白状しよう。当時はまだ7〜8歳くらいだったと思う。
僕は子役の仕事もしていたので、家にタレント名鑑というものがあり、そこになんと、水木しげるさんの電話番号が乗っていたのである。

僕は大ファンだったので、電話してみるというご法度を踏んだ。

おっとりとした女の人が出た。

「水木先生はいますか?」
「主人は今は留守ですが・・・」
「わかりました。すいません」

これで終わりである。

たったそれだけなのに、その日の夕食が喉を通らないくらい、緊張したのを覚えている。
またかけるということはさすがにしなかった。というのも、その時は友達も一緒だったので、"勢い"がついただけだったのだ。


さておき、たとえHuluというサービスにおいてさえも、邦画を観るのは勇気がいる。月額料金は微々たるものなので、ほぼ無料視聴に近いのだが、それでも時間を無駄にしたくないというのがある。
観なきゃいいのだが、「キャシャーン」とか冒頭10分で挫折してしまった。僕がこうなるのはよっぽどで、相当ひどくても意地でも最後まで観るタイプだからだ。

まず結論から言うと、この作品を劇場で1800円出して観る、というのは申し訳ないがちょっとつらいものがある。
しかし調べてみると、この作品が公開された2010年11月公開の映画は、さしたるものがなく、良くてハリー・ポッターぐらい。それだったら「ゲゲゲの女房」を観ていたかも知れない。(実はこの時、あの幻の名作「ホーリー・マウンテン」がデジタル・リマスターでリバイバルされていた。それを知っていたら迷わずそれだった)

日本映画業界は、世界で一番高い映画料金を取る市場で飯食ってるってことを、もうちょっと自覚して欲しい。


主役の二人のキャスティングは良かったと思う。特にクドカンは見た目でまず合格。本人に似ているのもあるが、なにより水木漫画に出てきそうなところが良い。

映画全体としては、やっぱりかなり低予算で(一番かかっているとしたらアニメ部分だろう)、演出や撮影も、「映画的」というよりかは、「自主映画的」な趣き。それが意図的にせよ意図的でないにせよ、作品にマッチしてるかというと、実はこれが失敗している。


まず、「この時代になぜこの作品なのか」を考えた時、その時点で本来はボツ企画の要素を持っている。
なぜドラマがヒットしたのかは、観ていないからわからない。しかしあの頃、今から数年前は「三丁目の夕日」など、「あの頃はよかった」ブームもあった。古き良き時代の古き良き人々の古き良き感性と古き良き喜怒哀楽。

原作のキャッチコピーは、「終わり良ければ全て良し」だそうで、まあ、いろいろ大変だったが、最後はよかったね的な。
そう、主人公の布枝は貧乏漫画家に嫁いだせいで苦労するが、やがて夫は成功するので、良かったということになる。

このテーマは普遍的であるし、また、今のちょっと元気の無い世の中に対してもマッチすると思う。
しかし、それを昭和30年代で描くということに関しては、意義にかなりハードルがある。
それを相殺するのが、「これは事実のストーリー」であり、「国民的漫画家のハナシ」ということでなんとかなるわけだ。

ならば、この「事実」と、「漫画家」の世界を楽しめなければならないのだが、そこを面白くしようという工夫が見つからない。

たまに妖怪が出てきたりするのだが、それらは取ってつけたようだし、シュールにもファンタスティックにもなってなく、また、ストーリーを推し進めることもない。

せっかく水木しげるが題材のひとつなわけだから、この水木しげるからもっとヒントをもらっても良かったんじゃないかと思う。

水木しげるの作品を読むとわかるのだが、本当の妖怪は人間だということ。
あの頃の生きるのに必死な人々は、間違いなく妖怪モドキだったろう。
まず人間を面白おかしく、厚みを持たせて描かないことには、これはどんな作品でもダメにきまっている。


また、昭和30年代が背景なのにもかかわらず、現代の東京の町そのままで撮影するという手法を用いている。
これがまったく効果を発揮しておらず、準備のない観客は混乱する。最初は現代へと時間経過したのかとさえ思う。
そしてその手法が徹底されてるのかといえばそうではなく、忘れたころにやはり取ってつけたように使われる。
これはハッキリ言ってスバリ、「予算の問題」を回避するアイデアに過ぎなかったと思って間違いない。

水木画がそのままアニメとなって見せてくれる手法も、一般客からしたら難解すぎて、これでは水木作品が難解だとも取られかねない。

そもそも水木しげるという人は快活で明快な人であり、作品の内容もとてもスピーディだ。

なにをどうしたら、キャラクターからストーリー展開まで、こんなに冗長な映画になるのかが疑問だ。

「ゲゲゲ」という言葉が飾りにしかなっていない。なにが「ゲゲゲ」なんだ。「ゲゲゲ」とはなんなのか?
そういうところから貪欲になにかを炙りだすというのはないのだろうか。

でもなにかを考えて作っているとは思う。だけど、こっちにうまく伝わらない。
なんか、昔のATGあたりの失敗作を観ている気分。

これは日本人の悪いクセなのだが、なんでも「お茶漬けサラサラ」的な作品にしてしまうところがある。
たとえ古い話で、貧相な背景と地味なストーリー、静的なキャラクターを扱うにしても、劇場で観せるからには結局それをステーキに仕上げて出さなければならないと思うのです。その工夫がもっと欲しい。


小津安二郎の作品は非常に地味ですが、あの人のクレイジーさがあったからこそ、地味なくせに"うな重"のような重厚感があるわけです。


posted by ORICHALCON at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema