2010年12月22日

お帰り!! Camera+!!!!!!

cameraplus

Camera+ (セール中で115円 : 2010/12/22現在)


帰ってきましたCamera+!!wwwww

いきなりアップデートがきた時にはもう、涙出ちゃいましたね!!


このカメラアプリは、僕の中では「最も優秀」なアプリで、大ファンなのですが、この記事にある通り、Appleから規制を食らって、その姿を消していました。

しかし復活です!! さらにパワーアップしてwww
しかもセール中で115円。いいカメラアプリをお探しの人は、必ず買ってください。絶対損しません。

なにがどう、いいのかは、この記事を参照いただくのがいいんですが、今回のアップデートで追加機能などもあるので、ちょっとご紹介しましょう。


まず、起動した時のファンダー画面がなくなりました。僕は個人的にはこれはいらないと思っていたので、これはこれでよろしいんじゃないかと。
つまり、起動するとすぐ撮影可能状態になる、ということです。

しかもしかも!! 標準のカメラアプリよりも起動が速い!!!! 1.5倍くらいは速いね!!

これでもしムービー機能を搭載したらもう、標準カメラアプリはまじでいらないですわ。

画面二本指タップで出る、フォーカスと露出の2つのサイトも健在です。これを別々に移動させることにより、フォーカスと露出を別領域で指定できてしまう。これがこのアプリのすごいところ。


pg_Photo 22-12-10 13-08-54.jpg
(今日は、いつもとちがうiMacで記事書いてますw)


さて、Camera+ユーザーの方ならお気づきになるかもですが、見慣れないボタンが画面左下にあります。

pg_Photo 22-12-10 13-0803.jpg

これは二本指タップによる、露出とフォーカスのダブルサイト表示にすると出てきます。そう、ホワイトバランスを固定できるよーになったんす!!!(>_<)

うはー、やるねえやるねえ!!



ともかく、起動時の画面です。(グリッド表示に設定してあります)

pg_Photo 22-12-10 12-26-27.jpg


ご覧のように、必要なものがすべて、画面下のパネル内に収まっています。
シャッターボタン横の歯車ボタンを押してみましょう。


pg_Photo 22-12-10 09-30-44.jpg

とまあ、こんな具合。ブラックジャックは気にしないでください。

なんとまあ、ここからスタビライザー、タイマー撮影、バーストショットを機能させることができます。
しかしあいかわらず、UIのセンスはいいねえw

スタビライザーは以前のものとかわりません。

タイマーは5秒で、セコンド変更はできませんが、その必要はないですね。充分です。

しびれるのが、バーストショット。
もともとCamera+は、シャッターの連打がかなり効くアプリで、乱暴に押しまくってもガンガン撮影できたのですが、このバーストモードにすると、シャッター押しっぱなしでパシャパシャ撮れてしまいます。

このバーストショットに特化したアプリとかありますが、あの辺ほど過激な高速撮影ってわけにはいきませんが、秒間3枚くらいはいけそうです。


ちなみにズームは標準アプリよりもズームの効く、6倍。あんま使わないけどねえ。


環境設定を見てみましょう。


pg_Photo 22-12-10 12-26-29.jpg


基本的には以前と変わりません。というより、ほぼまったく変わっていません。グリッドは建物のある風景を撮影したりすん時にいいね。


真ん中あたりにある、"購入のリストア"ってなんだろ。怖くてタップできねえwwwwwwwwwww


写真加工のエフェクトもいろいろ追加されて増えていました。以前でも充分だったのにねえ。


シーンエフェクトにシーンが追加されとった。

pg_Photo 22-12-10 12-26-35.jpg



クロップはもちろん、回転処理やフリップ加工もできるようになりました。

pg_Photo 22-12-10 12-26-33.jpg




ボーダー、いわゆるフレームの追加もできるようになった!

pg_Photo 22-12-10 12-26-37.jpg



さらに、アドオン購入の、有料エフェクトも追加されていました。買ってないけどねえ。つか、普通に入ってるエフェクトが結構いいからな。

pg_Photo 22-12-10 12-26-40.jpg


うーん、とにかく、Camera+が戻って来て嬉しい。

アップデートも楽しみにできるし、またなによりもこいつを人におすすめできるようになったことが、嬉しいやね。

今の時点ではセールで115円ですから、まだ未購入の人は、是非お試しになってみることをおすすめしますよ!

まさにiPhoneにぴったりな、おしゃれでシンプル、硬派で高機能なカメラアプリです。


他のアプリは使う気がおきなくなりますぞいっ。


であであ!!


posted by ORICHALCON at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

Mercuryが大幅メジャー・アップデート!!

mercury_pro.jpeg

Mercury Pro 115円


今日は嬉しいアップデートが2つもきました。まずはひとつ目の紹介です。


ちょっと前に、このiPhone用(iPadも可)ブラウザ・アプリを紹介しました。記事はこちら

いろいろとブラウザを試し散らかした結果、このMercuryが一番良いと判断したわけだけども、ブラウザの良さというのは人によってまちまちなので、こればっかりは好みを自分で探すしかない。

ただ、このMercuryは115円という最低価格だし、もし他のブラウザを試すのもめんどい、というような方は、迷わずこれにして良いと思う。
というのも、今回紹介するアップデートで、ほぼ他の追随を許さないほどの完成度を見せているからだ。
少なくとも、標準のSafariよりは数倍良い。

詳しい基本性能は、前回の記事を参照いただくとして、今回はアップデートによる変化を少しご紹介したいと思います。

そうそう、その前回の記事に対して、あるコメントをいただきました。

Safariで表示中のページを、Mercuryへ渡す方法はあるが、逆はどうか? というもの。

うん、これは僕も考えてなかったことだけど、ユーザーによっては必要な場面もあるかも知れない。
で、いろいろ調べたのだけど、どうもまだその方法を発見できていない。

現在のiCabには「Open in Safari」という機能があるので、理論的には可能なはずなんだなあ。

Mercuryもいずれそういう機能を追加してくれるのかも知れないが、現段階ではまだ方法がわからない。

Popopoさん、ごめんねww


さて、アップデートだが、「こうきたか!」というくらい、ガッツリとしたアップデートだ。
なんてったって、UIがガラッと変わってしまったのである。

これはiCabなども少し意識したと思われるが、今までのMercuryに慣れていた人は一瞬とまどうかもしれないというほど、変えてきた。
しかし、人間ってのはすぐ慣れるものですから、そう考えると大変歓迎できる豹変ぶりだと思う。

ちなみにMercuryは、さらにほんのちょっと前にアップデートをしている。Ratinaディスプレイに対応したのだ。

「おー、綺麗になったなー」と思ったのだが、今回のアップデートでさらに綺麗になってしまった。

UIや追加機能については後でご紹介するとして、Mercury使いにとって喜ばしい主なアップデートを列挙しておこう。
細かいことを全部あげたら切りがないので、個人的に注目度の高い部分をあげます。


・ブラウズが速くなった

 これはほぼ間違いないと思う。インフォはしていないが、メモリの使い方を洗い直したと思われる。
 体感できるくらい、速くなった。


・iTunes Storeにアクセスできるようになった

 実はこの部分は、Mercuryは遅れていたんでござる。


・ファイルダウンロードの強化

 実はこれは、前回のアップデートでほぼ追加されていたのだが、閲覧中のページをまるごと保存、などができてしまう。


・ブックマーク管理の強化

 ブックマーク領域にフォルダを作ったり、並べ替えたりが可能になった。


・日本語に完全対応(!!)

 要は、ユニバーサル化。環境設定からなにからなにまで、日本語化されておる!!
 これは他のブラウザにはない魅力でございます。



まず、アップデートをして起動すると、アップデート内容のインフォページが表示される。で、UIがかなり変わっているので、最初はユーザも驚くだろうが、設定やブックマークなどはすべてちゃんとひきつがれているので、それは安心していい。


基本的な画面はこんな感じ。

pg_Photo 22-12-10 09-19-18.jpg


一番右下にあるアイコンで、アドレスバー(URLを入力するところ)と、下のツールバーを非表示にできる。

pg_Photo 22-12-10 09-19-18-02.jpg


タブだけにした状態。ツールバーは簡素化されている。


pg_Photo 22-12-10 09-19-16.jpg


フルスクリーン表示。もちろんスクロールバー(画面右端)も健在。普段は半透明だが、指で操作すると、スライダーが表示される。
とにかくこのスクロールバーはめちゃくちゃ重宝する。これだけでもMercuryは"買い"である。

pg_Photo 22-12-10 09-19-29.jpg

それと覚えておいて欲しいのは、画面を三本指タップで、iPhoneのステータスバー(時間やアンテナのステータスが表示されている一番上のやつ)も表示・非表示の切り替えができるということだ。
(ジェスチャーはもちろんカスタマイズ可能だ)


ツールバーのアクションボタンを押してみる。するとどうだろう、こんなんなっちゃう。

pg_Photo 22-12-10 09-19-22.jpg

今回は特徴的な追加機能のみに特化して紹介しよう。

まず、「保存」というやつ。

これを押すと、こうなる。

pg_Photo 22-12-10 09-19-48.jpg

これによって、現在表示中のページをまるごと、保存してしまうことができる。
こうすれば、あとでオフラインでも見ることが出来るわけだ。

保存されたファイルは、ファンクションパネルの「ファイル」というところへ収められている。

pg_Photo 22-12-10 09-19-2402.jpg

こんな感じにね。

pg_Photo 22-12-10 09-19-49.jpg


さて、どんどん進もう。


「保存」の隣の「共有」。


これは現在アクティブのページのURLを、ダイレクトにTwitterやFacebookでつぶやいたり、メール送信したりできる。

pg_Photo 22-12-10 09-19-46.jpg


お次は「プライバシーモード」。タスクから一発で切り替えられるようになった。
仮面のアイコンなのだが、これをタップするだけで、プライバシーモードのON・OFFができてしまう。

ONの時は、URLバーが紫になり、キャッシュ全般やクッキーが残らない。

pg_Photo 22-12-10 09-19-53.jpg pg_Photo 22-12-10 09-19-54.jpg


お次はファンクションパネル。
ここは環境設定や、ブラウンジング関係とはまた別の領域の設定・アクションができる。

pg_Photo 22-12-10 09-19-24-3.jpg


環境設定の内容は、基本的にはかわらず、なにより日本語になってくれたことが歓迎点。

pg_Photo 22-12-10 09-19-25.jpg


ダッシュボードも健在。

pg_Photo 22-12-10 09-19-32.jpg


「Wi-Fi」は、このタスクで表示されるアドレスにPCから接続すれば、Mercury内のファイルのやりとりができる、というよくあるやつ。


あと、びっくりしたのが、「テーマ」で、スキンが変えらるようになった。


pg_Photo 22-12-10 09-19-27.jpg


有料のアドオン購入のが2つ、フリーで使えるのが9つある。デフォルトのが一番見やすいけどwww


さて、日本語がさすがに切れてしまってるが、地球のアイコンの「ユーザークライアント」というやつ。
これは人によっては重宝するかも知れない。

要は、このブラウザを別のブラウザクライアントとして機能させることができるというもの。チョイスできるクライアントは、一通りのものはほとんどそろっている。


pg_Photo 22-12-10 09-19-51.jpg


たとえば、アクセスすると、勝手にiPhoneを認識して、頼んでもないのにiPhone専用ページを表示してしまうサイトがあったりする。しかもPC表示のリンクさえもない.....などの場合、クライアント設定をiPhone以外のものにしてアクセスすればいいわけだ。
この機能は以前からあったのだが、わざわざ環境設定の階層までいって切り替えなければならなかったので、このタスクで切り替えられるようになったのは非常にありがたい。


さて、フルスクリーン表示の時のツールバーはどうかというと、こんな感じ。


pg_Photo 22-12-10 09-19-40.jpg


これは今までと同様、環境設定からカスタマイズできる。

pg_Photo 22-12-10 09-19-36.jpg


今回の目玉は「コントロールパネル」で、丸いシンボルのアイコン(上の画像では右から2番目)で表示させられる。


これだ!!


pg_Photo 22-12-10 09-19-31.jpg


一見とまどうが、よーく見れば、それぞれがどんな機能をするか、わかるだろう。
このパネルは真ん中のボタンを押すか、他の画面の部分をタップすれば非表示になる。

コントロールパネルにも一連の機能の呼び出しがあるので、ツールバーにずらずらと欲しい機能を並べなくてもよくなったとも言える。
(僕は以前の習慣で並べてしまってるがw)

ブックマークや履歴のタスクに、このパネルから一発でいけるようになったのもいいねえ。


開けるタブの最大数は、10個と変わっていない。
ただ、前は開いた分だけタブタイトルがちっちゃくなっていき、10個も開いたらマージャン牌が並んでるようになっちゃってたのだが、今回のアップデートでタブタイトルの大きさはかわらず、横スクロール形式に増えていくかたちになった。


pg_Photo 22-12-10 09-19-58.jpg


指で左右にスクロールすることで、タブ一覧を見渡すことになる。
ただ、タブ間の移動(表示)であれば、さきほどのコントロールパネルでさくさくできてしまう。これは非常に良い。


左へのタブへの移動ボタンを押したところ。
pg_Photo 22-12-10 09-19-59.jpg



あと変わったのがブックマーク管理の強化。
フォルダを作成したり、ブックマークの順番を自由に変えられるようになった。素晴らしい。


pg_Photo 22-12-10 09-19-34.jpg


読み込みのプログレスバーは中央表示になった。
簡素なページではあっという間に出て消えるので、スクリーンショット撮るのにちょっと苦労したわww
左のバッテンマークで読み込みを停止できる。さらに、このプログレスバーは設定で非表示にもできる。

pg_Photo 22-12-10 09-19-42.jpg



とまあ、ざっと紹介してきましたが、115円ということを考えると大変お得で高機能なブラウザです。

iPhoneでよくネットを見る.....という人には、かなりおすすめです。導入すれば、ほとんどSafariを使うことはなくなるでしょう。

僕はすでにMercuryがホーム画面にあり、Safariは見えないところへ追いやってしまいました。


posted by ORICHALCON at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2010年12月12日

iPhone ソーシャル・ゲームにはまり中 〜We Ruleなどのバグ対策〜

Photo 12-12-10 02-36-41.png



Facebookのアプリの成功で、ソーシャル・ゲームがゲーム業界を静かに席巻している。

これから開発するなら、ソーシャル・ゲームが吉と言われているくらいで、グリーなどはもちろん、Facebookを真似たmixiアプリ(有名どころはサンシャイン牧場かな?)もなかなか賑わってるみたい。

要は、ひとりでプレイするのではなく、オンライン中のフレンドとコミュニケーションをとりながら、牧場なり、国なり、ペットなり、レストランなりなどを発展、育成していく手のゲーム。

畑や建物を開拓して、自分の世界を発展させていく感じは、老舗のシムシティなどに通ずるんだけども、ソーシャル・ゲームは、フレンドの街・世界を訪問し、バイトしたり、発展の手助けをできたりする。

ただこれだけの要素ひとつで、だいぶ中毒度が変わってくるのだから面白い。

また、これらのアプリは、必ずと言っていいほど、無料アプリだ。
収益はどうするのかというと、例のiAddか、ゲーム内での課金アイテムなどで回収するかたち。

基本的にのんびりやれるので、主婦からビジネスマンまで、ユーザー層は広い。

僕がやっているのは、Plus+が提供する、いわゆる「We系」。

We Rule Quest (面白い)
We Farm Safari (さらに面白い)
We City (これはイマイチ)
God Finger All Stars (キワモノ。芸が細かい!)
Adveveture Bay (新作! 面白い!)

これらは飽きずにつづけられてるw

基本的にソーシャル・ゲームは、ターゲットが大人なので、チープな設計だとすぐ見捨てられてしまうのだが、このPlus+のゲームはほとんどハズレがない。

ちなみ、We系はゲームスタート時に、ちょっとしたバグが発生することがある。

これらは、最初からまったく畑・建物などが建設できない、作物がまったく育たない、初期チュートリアルが進まない・完了しない・・・etc. など、とにかくまともにゲームが進行しない状態におちいる。

よくLevel2とかでずっと止まっているフレンドなどがいたら、そのバグに出会って、泣く泣く放棄している可能性があるw

これらの主な原因は、iPhone内の時間との連係処理がうまくいってないというのがある。
そのため、いつまでも建設のプログレス・バーが進まないとか、完了していないオブジェクトが、完了状態で表示されるなどが起きる。

で、どうすればいいかというと、iPhoneの環境設定から、日付時刻の設定で、24時間表示をOFFにすると、すんなりできる。

それでもだめでも、この設定を切り替え切り替えしてゲームをいじってると、大抵はなおってしまう。

もし、上のようなバグに困ってる人がいたら、試してみる価値ありで御座いますですよ。


フレンド登録もよろしく!

Plus+ ID   ryuto629


スクリーンショットは、We Ruleの僕の街でございます!

今日はこんなところで、であであ。




posted by ORICHALCON at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2010年12月07日

Camera+ のシャッターエラーを戻す!!

※注 : Camera+が、2010/12/22アップデートして復活しました! 詳細の記事はこちら


はい、以前こんな記事を書きました

Camera+に、イースターエッグが組み込まれていて、iPhone上のSafariであるコマンドを打つと、ボリュームボタンでの撮影という裏技が使用できるようになる....というもの。


しかし先日、浅草の吾妻橋からCamera+で夜景を撮ったら、カシャ! カシャ! カシャ!.....と延々とシャッターが切られて止まらないという現象に遭遇。

なにをやってもだめで、シャッター切るたびに、アプリを落とすか、LightBoxに切り替えるかしないと撮影しまくる。

これはもう、先日のIOS4.2の影響だろう。


アプリを一旦削除し、iTunesから入れなおしてみたけどだめ。


このアプリのユーザーであるみかわ氏に連絡してみたら、彼のは問題なく作動するという。
聞くと、彼は例のコマンド入力は試してないそうだw

ふむ、これはやっぱり、例のコマンドのせいだな。


ということで、もしこの現象がおきている人は、iPhoneのSafariのURLバーに、以下のテキストを打ち込んでGoしてください。


camplus://disablevolumesnap


これは、裏技モードを解除する命令です。


こいつで一発、元のCamera+に戻りました......


てか、他にもずいぶんとカメラアプリは普段から探しているのだけど、やっぱりこのCamera+に勝るものがまだないんだなあ.....

App Storeから削除されたのは非常に残念です。


こいつが死んじゃったらほんとに困るので、なおってよかったよ.....;;;




posted by ORICHALCON at 00:09| Comment(5) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2010年12月04日

伊澤恵美子鑑賞

去年、作・演出させてもらった芝居「野いちごと子ねずみたち」で、マヤ役をいてこましてもらった伊澤恵美子嬢が、浅草は例のウ◯コビルアサヒアートスクゥエアでの芝居「クライマー、クライマー」に出演するというこって、高林里衣嬢といってまいりました。

てか、浅草はかつて、相当うろちょろしたクチなんですが、すんごい久しぶりです。


なつかしいな〜。吾妻橋より。

IMG_1754.JPG


そして例のウン.....いえ、アサヒビールホール。

IMG_1755.jpg


芝居の題名の「クライマー、クライマー」は、例のダスティン・ホフマンの映画「クレイマー、クレイマー」をもじっていると思われる。
そもそも「クレイマー、クレイマー」の原題は、「Kramer vs. Kramer」で、ダスティン・ホフマンとメリル・ストリープの離婚調停(クレイマー同士の争い)を描いている。

で、この芝居も英語題表記で、「Climber vs. Climber」としているので、「ほお・・・・」と思って、ちょっとどんな感じなのか期待して観に行ったです。

内容はやはり「離婚」っぽいことも顔を出し、そしてある犯罪(事件)がストーリーの串になっているというのもあって、「クライム(犯罪)」と、また、舞台が山の上ということもあり、Climberとしているようでございます。


伊澤恵美子の役が、偶然にも「野いちご〜」の時のマヤのように、また悪だくみを男二人とする....というシチュエーションで、おもしろかったなw

もっと伊澤恵美子を見ていたかったけど、この作品はいくつかのシークエンスがはっきりとセパレートされており、ひとつのシークエンスが終わると、そのシークエンスの人物はもう、例外をのぞいてのちには出てこない。

伊澤恵美子もシークエンス終了とともに、あっという間にいなくなってしまった......;;


作品自体は、「どこを見たらいいのか」なかなかつかみにくい構成で、行方不明の小学生「ヒロくん」のプロットを追うべきなのか、それを取り巻く人々のプロットを追うべきなのか、大体の観客は混乱してしまうだろう。転換ごとに「ヒロくん」の迷子のお知らせが流れるので、そのたびに観客はそのプロットを思い出させられ、そのプロットは重要だと考えるのだけど、肝心の登場人物たちが、ほとんどの時間、「ヒロくん」を忘れている。

だから観客は、ストーリーがどこへ向かっているのか、キャラクターたちがどこへ向かっているのか、なかなか拾いにくい。(観客にとって一番わかりやすいのは、女新聞記者のプロットだろう)

ストーリーというものには必ず目的というものがあって、それは必ず、ひとつである。どんなにキャラクターが多く出てきて、それぞれ別の目的を持っていても、その「本来の目的」へ進む(もしくは障害となる)要素として働かなくてはならない。そして観客は本能的にその目的を登場人物たちからかぎつけようとするようにできている。

しかし、登場人物たちの目的がみなバラバラで、もしくは(観客にとって)あまり重要ではないと感じてしまう目的も散在するので、途中でストーリーを追うことをあきらめてしまう。

ストーリー中の本来の目的から、キャラクターやシーンがはずれていく現象が、「中だるみ」の正体なのだけど、この作品はその「本来の目的」もなかなか追えないため、スコーンと最後まで付き合うのが難しいのが難.....

ちょっと辛口を書いてしまったけど、会話のセンスなどは良く、ストーリー・テリングを見直したら、いいものを書きそうな作家さんだと思う。


終わったあと、伊澤恵美子がなかなか出てこなかったので、出て焼肉くってたら、メールがきた。吾妻橋たもとのさくら水産で合流。

あいかわらずきれいだね!!

写真も撮ったのだが....なぜかその写真だけ、このブログのファイルマネージャでアップできん(>_<)
10回トライして挫折.....
冒頭のリンクから、彼女の美貌を堪能してみてくださいませ。


伊澤恵美子は、去年よりカドが取れて、演技に自由度が広がっていた。

いろいろ意見や感想を交し合ったのだけど、彼女は素直で前向きなとこが素晴らしい。

俳優にとって、素直さは重要で、「あ、そっか」って「まずやってみる」シンプルさが成長を加速させる。

そしてなによりも「楽しむ」こと。

伊澤恵美子はその点は得意だね!!


今後の活躍にも期待いたします!!



posted by ORICHALCON at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記